2020年度前期セミナー日程表

日付発表者タイトル
4/23伊藤領域気象モデルを用いた研究と今後の展開
4/30MadamCENS Impact on Diurnal Cycle of Rainfall over Java Island and Surrounding Area.
5/7小原平均輸送速度を用いたラグランジュ的解析手法の開発と適用
5/14青野台風の内部コアで消費される水蒸気の起源
5/21臼井フェデックス80便着陸失敗事故時の事例解析
瀧口Improving the Explicit Prediction of Freezing Rain in a Kilometer Scale Numerical Weather Prediction Model Agnieszka Barszcz(2018)(論文紹介)
5/28山崎SI-CATから統合プログラムへ
6/4岩崎温位座標で見る大気大循環の世界
6/11青野Wind-evaporation feedback effects in outer regions on tropical cyclone development
6/18MadamStudy Case of Heavy Rainfall on February 2015 over Jakarta (Indonesia)
7/2小原2019年10月25日の千葉県大雨事例において発生したCADと降水に関する研究
7/9岩波陸面過程モデル2LMを用いた2013年4月22,23日に長野県で発生した凍霜害に関する研究
7/16臼井2009年3月23日の寒気流出現象における地形の効果について
瀧口2016年1月の長野県における雨氷の解析
7/30岩波陸面過程モデル2LMを用いた長野県で発生した凍霜害に関する研究-観測とモデル計算の比較-

2020年度後期セミナー日程表

日付発表者タイトル
10/8小野Genesis and Maintenance Processes of a Quasi-stationary Convective Band that Produced Record-Breaking Precipitation in Northern Kyushu, Japan, on 5 July 2017 (論文紹介)
廣瀬Sensitivity of Quasi-stationary Band-Shaped Precipitation System to Topography: A case study for 28 August 2008 Okazaki Heavy Rainfall Event (論文紹介)
10/15MadamDiurnal Cycle of Rainfall over Java Island and Surrounding Area Estimated by IMERG V06
10/22岩波陸面過程モデル2LMを用いた凍結や霜の再現性に関する研究-入力データの誤差による感度実験-
小原2019年10月25日のCADに伴う東日本の大雨の地形・境界層スキームに対する感度

Last-modified: 2020-10-27 (Tue) 11:04:55 (29d)