2000年度のセミナー

2000年度前期セミナー日程表

日付発表者タイトル
4/13安田Surface-Layer Fluxes in STABLE Condition
4/20小川論文紹介: Sea-breeze Front Variations in Space and Time
小守論文紹介:Computing Surface Fluxes from Mesonet Data
4/27中村崇論文紹介:A MIXED-LAYER MODEL FOR REGIONAL EVAPORATION
丹野宮城県における海風と気温の日変化との関係 その1
5/11非静力高解像度の次世代全球大気の気候力学数値モデルの開発-その1
真嶋都市の熱物理係数の推定(修正)
5/18松島東北地方の日最高気温と各地の局地風系
6/ 1後藤筑波での集中観測速報
清水口Potential Vorticityについて
菅原(防衛大)都市大気境界層の空間不均質性に関する観測研究
6/ 8山崎2000年シベリア観測の報告
中村織卒業論文紹介:大気大循環モデル(GCM)を用いた砂漠化の研究
6/15岩崎等温位座標系で見た大気大循環 PartI平均子午面循環
清川だしについて
6/29安田強安定時の拡散係数−−O'Neil,Wangara,Koorinの三大実験観測の解析結果
小川夜間の海風フロントに関する数値実験 その1:一般的特性
7/ 6松島論文紹介: Spatial Variability of Turbulent Fluxes in the Roughness Sublayer of an Even-Aged Pine Forest
小守論文紹介:窒素酸化物の上空への拡散
7/13中村崇1次元モデルの地表面温度について  その後
丹野宮城県における海風と気温の日変化との関係 その2
7/27非静力高解像度の次世代全球大気の気候力学数値モデルの開発-その2
真嶋 

2000年度後期セミナー日程表

日付発表者タイトル
9/27岩崎温位座標系で見た大気大循環Part II 全球大気のエネルギーサイクル
後藤新湿度センサの検証
11/ 2非静力高解像度の次世代全球大気の気候力学数値モデルの開発-その3
清水口論文紹介:An objective determing of the Polar Vortex using Ertel's potential vorticity
11/ 9山崎論文紹介:On micrometeorological observations of surface-air exchange over tall vegetation
真嶋陸域(宮城県付近)の熱収支計算の試算
支部会予稿・・gridを小さくした場合の計算結果
11/16小川夜間の海風フロントに関する数値実験 その2
小守大気安定度を考慮した場合のNOx鉛直輸送量評価の試み
中村織論文紹介:Vegitation-climate Feedbacks in Comversion of Tropical Savanna to Grassland
11/30安田安定時のシアー型拡散係数モデルとκ-ε型モデルについて
丹野夏季海陸風日における地表面温位とフラックスの日変化について 〜宮城県の数値計算〜
12/ 7松島フラックス野郎つくば観測と神町熱収支観測の予備的結果
12/14中村崇1次元モデルの地表面温度について
岩崎Madden-Julian Oscillation -長期予報は低緯度の方が中高緯度より易しいか? 役に立つか?--
後藤つくば乱流データの解析 分散法とバンドパス法
1/11山崎シベリア2000年データへの陸面モデルの適用
清水口極渦形成時のPVバランスについて
1/25中村織GCMを用いた森林伐採実験
四国山地北側に出現する局地風---やまじ風についての考察 論文紹介

Last-modified: 2005-04-02 (Sat) 08:16:54 (4619d)