2001年度のセミナー

2001年度前期セミナー日程表

日付発表者タイトル
4/12安田都市キャノピー内の乱流輸送〜都市気候の研究を目指して〜
4/26岩崎GCM-CTM Coupled Model/これまでわかったこととこれからの計画
清川だしについての今後の研究方針と観測計画
5/17山崎積雪モデルの国際比較 SnowMIPについて
中村織研究経過報告:GCMを用いた植生伐採実験
5/24次世代高解像度領域数値モデルの開発---力学フレームの構築
清水口気圧・エントロピー混成鉛直座標系における子午面循環解析について
5/31松島放射温度を使った顕熱・潜熱フラックスの推定(放射温度補正量のパラメータ化)
中村崇論文紹介:Estimation of Regional Evapolation for a Tallgrass Prairie From Measurements of Properties of the Atmospheric Boundary Layer
6/ 7工藤海陸風日における宮城県内の気温の日変化に関する数値実験
田中論文紹介:Climatological Ertel's potential-vorticity flux and mean meridional circulation in the extratropical troposphere - lower strtosphere
6/14及川カオスの構造の定量的解析(卒論)
肥塚CCD分光器による夜間大気光の観測(卒論)/論文紹介:Estimation of Insolation over the Pacific Ocean off the Sanriku Coast
6/21安田安定成層における拡散係数と臨界Ri数
論文紹介:Windstorms along the Western Side of the Washington Cascade Mountains. Part I : A High-Resolution Observational and Modeling Study of the 12 February. Part II : Characteristics of Past Events and Three-Dimensional Idealized Simulations.
6/28清水口論文紹介:The GCM-Reality Intercomparison Project for SPARC (GRIPS):Scientific Issues and Initial Results
中村織研究経過報告:GCMを用いた植生伐採実験
7/ 5岩崎地球温暖化と台風
山崎IAMASでの発表(積雪モデル)について
7/12次世代高解像度領域数値モデルの開発---力学フレームの構築 その2
中村崇論文紹介:sysytems of conservation laws
7/23松島水稲群落における放射温度の方位角依存性 地上観測と航空機観測による検証とモデル化
工藤海陸風日における宮城県内の気温の日変化に関する数値実験(その2)
7/26及川GCM-CTM結合モデル計画の報告・MRI/JMA98GCMとMRI/JMA-CTMの概要
田中論文紹介:Seasonal variation of mass transport across the tropopause
肥塚蒸発効率(β)による潜熱・顕熱等物理量の変化と計算の安定性について

2001年度後期セミナー日程表

日付発表者タイトル
10/ 4清水口気象学会リハ
中村
10/18沢田(第一回雑誌会リハ)論文紹介:Numerical Simulation of the Interaction between the Sea-Breeze Front and Horizontal Conective Rolld Part
西畑(第一回雑誌会リハ)論文紹介:The Von karman Constant Determined by LES
高橋(第一回雑誌会リハ)論文紹介:Numerical Study on the Baiu Front Genesis by Heating Contrast bettween Land and Ocean
10/25菅原(防衛大)都市大気境界層の熱的構造
松島広域地表面熱収支の長期計算(試算)と今後の計画
11/ 1山崎1次元モデルによるエネルギー・水交換の推定と考察(GAME-Siberia)
11/ 8中村(修論中間発表)植生が地表面温度に与える影響について
清水口GCMを用いた成層圏子午面断面での渦位の年変動に対する収支解析
11/15(修論中間発表)数値実験を用いた清川だしの発生機構に関する研究
及川4次元変分法データ同化について
11/22岩崎「非静力学数値モデルのコミュニティー活動」と「局地気候モデルによるヤマセの下層雲の研究」
工藤海陸風日における宮城県内の気温の日変化に関する数値実験(その3)〜現状報告と今後の方針〜
12/ 6安田大気境界層における鉛直フラックス観測におけるImbalance問題 論文紹介:LES Study on the Energy Imbalance Problem with Eddy Covariance Fluxes: .Analysis for Convective Boundary Layers LES Study on the Energy Imbalance Problem with Eddy Covariance Fluxes: .Analysis for a Neutrally Stratified Surface Boundary layer above and within a Homogeneous Plant Canoy
田中帯状平均場における東西風とEP-fluxの関係について
12/13新しい高解像度領域数値モデルの開発 ――力学フレームの構築 その3――
肥塚久慈川流域(水戸周辺)での熱収支計算における風速の高度補正と粗度について
12/20清水口修論報告会
中村
1/10沢田(第二回雑誌会リハ)重力としての海風の3次元微細構造の数値シミュレーション
西畑(第二回雑誌会リハ)論文紹介:Skill and relative economic value of the ECMWF ensemble prediction system
高橋(第二回雑誌会リハ)論文紹介:Seasonal Forecasting of Tropical Storms Using Coupled GCM Integrations
1/31清水口修論報告会リハ
中村
2/14工藤仙台平野における夏季海陸風日の平均像および空間分解能を高めた数値実験
肥塚蒸発効率(β)について
2/21田中温位座標系を用いたEpfluxの表現
及川オゾンについて

Last-modified: 2005-04-02 (Sat) 08:18:46 (4619d)