2005年度のセミナー

2005年度前期セミナー日程表

日付発表者タイトル
4/14杉本1、ネパール出張報告 2、モンスーン期におけるチベット高原上での降水現象再現実験〜今までのまとめと今後の計画〜
星野論文紹介"An Analysis of the Impact of a Split-Front Rainband on Appalachian Cold-Air Damming"
4/21宮崎成層圏平均子午面循環について
向田非静力学数値モデルの力学フレームに関する基礎実験 - (ii)予報方程式系の導出と現状報告
4/28KartikaCross Equatorial Flow and PV Behaviour (paper review of Rodwell and Hoskins, 1995) and the Performance of updated GSM T63L40
宮川カリフォルニア沖の層積雲に対する数値実験(研究計画)
5/12松島(気象学会リハ)モンゴル国の半乾燥域における展葉開始期と気象条件の関係
沢田台風の発達における雲の役割について
小玉(気象学会リハ)CO2増加時のBrewer-Dobson循環の変化〜放射による直接効果とSSTによる間接効果〜
5/26濱田論文紹介"The Structure of the Polar Vortex"
望月論文紹介"North Atlantic winter SLP anomalies based on the autumn ENSO state"と今後の計画
6/ 2岩崎A cascade type global energy conversion diagram based on wave-mean-flow interactions. Part I: Diagnosis scheme and its validation by using a general circulation model. Part II: Preliminary study of the climatology
野田下層雲のパラメタリゼーション〜1次元モデルによる検証〜
6/ 9石田(弘大助手)Turbulent Structures of the Surface Boundary Layer-----実験的観測結果の解析より------
星野ヤマセ雲の数値シミュレーション―研究計画―
6/16直線直角座標系における高解像度大気局地数値モデルの開発と応用
杉本モンスーン期におけるチベット高原上への水蒸気輸送経路推定結果について
6/23宮川カリフォルニア沖の層積雲に対する数値実験(2)〜 DYCOMS-II と ネスティング計算の経過報告 〜
向田非静力学数値モデルの力学フレームに関する基礎実験 - (ii)時間積分法について
6/30宮崎The impact of changing meteorological variables to be assimilated into GCM on ozone simulation with MRI CTM
7/ 7沢田やませ船上観測の結果報告
KartikaA preliminary study of the relationship between the South China Sea SST anomaly and the monsoon westerlies
望月全球大気のエネルギーの季節変化
7/14小玉CO2増加に伴うBrewer-Dobson循環の変化
濱田極渦の年々変動

2005年度後期セミナー日程表

日付発表者タイトル
10/ 6小玉成層圏子午面循環に関するレビュー
杉本修士論文の概要と現在の作業状況
10/13向田非静力学数値モデルの力学フレームに関する基礎実験 - (iv)現状報告と簡単な実験
星野ヤマセ雲の数値実験―研究計画(ii)―
望月波動平均流相互作用に基づくエネルギーとその変換項の季節変化
10/20梅川(第一回研究発表会リハ)論文紹介“Predictability of Precipitation in a Cloud-Resolving Model”
次田(第一回研究発表会リハ)論文紹介“Dynamics of tornadic thunderstorms”
新美(第一回研究発表会リハ)論文紹介“Seasonal/regional variation of variability characteristic of daily maximum/minimum temperatures in Japan observed and reproduced by RegCM nested in NCAR-CSM”
西村(第一回研究発表会リハ)論文紹介“A One-dimensional Time Dependent Cloud Model”
10/27松島衛星データと数値モデルを用いた広域地表面熱収支の推定
KartikaInteraction between South China Sea Monsoon and Indian Monsoon
濱田渦位からみる極渦の年々変動
11/10野田(学会発表リハ)下層雲のパラメタリゼーションスキームの開発 〜サブグリッドスケールの湿度分散の改良〜
杉本(学会発表リハ)チベット高原上におけるトラフ通過時の水蒸気輸送に関する数値解析
宮川(学会発表リハ)DYCOMS-II観測期間中に発生したカリフォルニア沖層積雲の数値実験
望月(学会発表リハ)波動平均流相互作用に基づくエネルギーとその変換項の季節変化
11/17安田大気境界層の相似則と大気境界層・接地気層の厚さ(2)
岩崎大気大循環のエネルギー変換プロセスに対する地球温暖化の影響
12/ 1沢田ハリケーンWILMAの再現実験
向田非静力学数値モデルの力学フレームに関する基礎実験 - (v)現在の問題点と修論について
12/ 8宮崎Commonality and constituent dependency of stratospheric and tropospheric diffusion coefficients for meridional transports
小玉CO2増加時のBrewer-Dobson循環の変化(2) 〜現状報告と修論に向けて〜
星野(i)ヤマセ雲の数値実験―特別観測データとの比較― (ii)NHM予報システム構築―進捗状況報告―
12/15Sha直線直角座標系における高解像度大気局地数値モデルの開発と応用(2)
KartikaInteraction between Indian monsoon and SCS monsoon ("previous, present and future studies")
濱田論文紹介"An objective determination of the polar vortex using Ertel's potential vorticity"
12/22野田最近の下層雲の観測例の紹介
宮川カリフォルニア沖層積雲の生成・維持メカニズムに関する数値的研究 〜修論に向けて〜
1/12梅川(第二回研究発表会リハ)南シナ海モンスーンは何に影響するか? 何によって影響されるか?
次田(第二回研究発表会リハ)下層雲のパラメタリゼーションの改良
新美(第二回研究発表会リハ)論文紹介“Radiative effects of cloud horizontal inhomogeneity and vertical overlap identified from a monthlong cloud-resolving model simulation”
西村(第二回研究発表会リハ)2005年9月4日台風14号接近時に埼玉・東京・神奈川西部に発生した3時間強雨の事例解析
1/26宮崎(博論発表リハ)PhD thesis; "Diagnosis of meridional transport of ozone and related species using a global chemical transport model"
沢田氷相過程が台風の構造に及ぼす影響について
杉本(修論発表リハ)モンスーン期のチベット高原上における降水現象の再現シミュレーション及び水蒸気輸送機構の解明
2/ 2小玉(修論発表リハ)成層圏平均子午面循環に対するCO2増加の影響
宮川(修論発表リハ)カリフォルニア沖層積雲の生成・維持メカニズムに関する数値的研究

Last-modified: 2006-03-21 (Tue) 17:13:58 (4265d)