2007年度のセミナー

2007年度前期セミナー日程表

日付発表者タイトル
4/12小玉温位面で時間平均した定常場の解析
吉田『潜在的応答特性』の解釈と検証
4/19沢田台風発達時におけるレインバンドの形成過程について
KartikaA supplemental study on the SCS monsoon: Contribution of the WNP SST (precipitation) to the SCS monsoon
4/26岩崎1 紹介「世界の全球モデルによる台風進路予報の検証」
2 DS3-project のこれから
田村論文紹介「Evaluation of global wind power」+α
5/17ChenDiurnal cycle of Southern China Monsoon: characteristics and preliminary simulation
5/24吉田気孔開度を決定する各パラメータの重要性
清水地形と地表面が盆地の大気循環に与える影響
5/31佐藤論文紹介「A Numerical Study on the Mechanism of Cloud-Street Formation in the Lee of an Isolated Mountain Near a Coast」
次田論文紹介「LARGE-EDDY SIMULATION OF RADIATION FOG」
6/ 7山崎ヤクーツクにおける観測研究について
池上論文紹介;Coastal Wind Jets into the Tsushima Strait and Their Effect on Wind-Wave Development
6/14沢田(博論リハ)Cloud resolving simulations on cloud microphysical impacts on tropical cyclone
Kartika(博論リハ)Numerical Study on the Southeast Asian summer monsoon through the sensitivity experiments to the Sea Surface Temperatures and the Land-Sea Thermal Contrast
6/21Sha直線直角座標系における高解像度大気局地数値モデルの開発及び応用(5)
小玉対流圏上部・下部の傾圧性と傾圧不安定波動に関する水惑星実験
(3)現状報告とレビュー
6/28ChenVariations of Diurnal Cycle Revealed by the Fuzzy c-mean (FCM) Cluster Analysis
田村観測イベントの経過紹介+
論文紹介「An Evaluation of Mesoscale Model Predictions of Down-Vally and Canyon Flows And Their Consequences Using Doppler Lider Measurements during VTMX 2000」
7/ 5佐藤宮城県における筋状雲による降雪機構〜MANALによる総観場の解析〜
次田LESによるヤマセ雲のシミュレーション(現状報告)
7/19池上SAR観測データを用いた地形性強風の研究
清水論文紹介「Horizontal Heat Fluxes over Complex Terrain Computed Using a Simple Mixed-Layer Model and a Numerical Model」
沢田(博論リハ)Cloud resolving simulations on cloud microphysical impacts on tropical cyclone
Kartika(博論リハ)Numerical Study on the Southeast Asian summer monsoon through the sensitivity experiments to the Sea Surface Temperatures and the Land-Sea Thermal Contrast

2007年度後期セミナー日程表

日付発表者タイトル
10/ 4開地(4年生 第1回雑誌会リハ)論文発表:『Modeling of the Thermal Environment in Urban Canyon with Solar Radiation Shading of Trees』
(4年生 第1回雑誌会リハ)論文発表:『Ensemble-based Data Assimilation for Thermally Foced Circulations』
長谷川(4年生 第1回雑誌会リハ)論文発表:『The Global Stationary Wave Response to Climate Change in a Coupled GCM』
10/11佐藤(気象学会リハ)宮城県における冬季筋状雲による降雪発生メカニズム
次田(気象学会リハ)高解像度モデルによるヤマセ雲の数値シミュレーション
吉田(気象学会リハ)陸面過程モデル2LMを用いた潜在的応答特性の検証
Chen(気象学会リハ)Summer transition of diurnal rainfall in south China and its surrounding
10/25Sha直線直角座標系における高解像度大気局地数値モデルの開発及び応用(6)+α
池上SAR観測データと数値モデルを用いた地形性強風の研究
11/ 1小玉SPARCに関する最近の話題
田村DS3による仙台空港下層風場の再現と検証
11/ 8岩崎地球温暖化が大規模波動形成に与える影響
清水盆地におけるNHMとRAMSの計算結果の比較
11/15山崎続SnowMIP2とCliCの紹介
沢田台風のサイズと非断熱加熱の鉛直プロファイルの関係
12/ 6佐藤宮城県における冬季筋状雲による降雪メカニズム
次田ヤマセ船舶観測時の三陸沖下層雲の再現実験と機構解明
12/12吉田潜在的応答特性の概念に基づく大気森林間の水熱交換に関する研究
池上SAR観測データと数値モデルを用いた gap wind の研究〜gap wind のレビューと再現実験〜
12/20ChenA Case Simulation on Diurnal Rainfall in South China
田村High resolution simulation and its validation with Doppler Lidar observation at Sendai Airport
1/10開地(4年生 第2回雑誌会リハ)陸面過程モデルを用いた街路空間の熱環境に及ぼす樹木の影響に関するシミュレーション
(4年生 第2回雑誌会リハ)NHMとLETKFを用いた理想化されたデータ同化実験に向けて
長谷川(4年生 第2回雑誌会リハ)北半球における定常波動と非定常波動の年々変動の解析
1/24小玉対流圏上部・下部の傾圧性と傾圧不安定波動に関する水惑星実験(4)結果と問題点
清水甲府盆地における夏季晴天日の気象の再現実験
1/31佐藤(修論発表会リハ)宮城県における冬季筋状雲による降雪発生メカニズム
次田(修論発表会リハ)ヤマセ船舶観測時の三陸沖下層雲に関する数値的研究
吉田(修論発表会リハ)潜在的応答特性の概念に基づく大気森林間の水熱交換に関する研究

Last-modified: 2008-01-30 (Wed) 16:51:21 (3521d)