2008年度前期セミナー日程表

日付発表者タイトル
4/17沢田蒸発冷却が台風の発達・構造に及ぼす影響
小玉対流圏上部・下部の傾圧性と傾圧不安定波動に関する水惑星実験(5)エネルギー論から見た結果の解釈
5/ 1吉田改良版Jarvis型気孔コンダクタンスモデルの開発と応用
LETKF適用に向けたEnsemble摂動の作成
5/8池上(気象学会リハ)北海道南西部における地峡風の再現実験
5/15岩崎温位面上での質量重み付き帯状平均を用いた大気大循環の研究
清水甲府盆地における夏季晴天日の大気の局地循環の再現実験
田村(気象学会リハ)局地気象予報システムDS3による仙台空港周辺の海風再現
5/29ChenImpact of diurnally-varying monsoon flow on diurnal rainfall over southeast China
長谷川論文紹介: A shift of the NAO and increasing storm track activity over Europe due to anthropogenic greenhouse gas forcing
6/5山崎iLEAPSと自身が関与する森林関係の研究計画の紹介
小柴(卒論紹介)後方流跡線解析を用いた大気輸送過程の考察
6/19Sha海風重力流の3次元微細構造(Rolls, Lobe/Cleft)に関する数値シミュレーション+α
小玉ストームトラック活動の将来予測に関する最近の研究
6/26吉田(論文紹介)Measurement and estimation of actual evapotranspiration in thefield under Mediterranean climate: a review
最近のレーダー観測について
7/3清水NHMによる夏の甲府盆地の気象の再現と検証
田村(論文紹介)Numerical Simulation of the Interaction between the Sea-Breeze Front and Horizontal Convective Rolls
7/10池上北海道南西部における地峡風の研究
小柴(論文紹介)Structures and Environment of Explosively Developing Extratropical Cyclones in the Northwestern Pacific Regionn
7/17Chen(修論リハ)Diurnal Rainfall over Southeast China and its Relation with the Diurnal Variation of Monsoon Flow
長谷川(通常セミナー)全球大気エネルギー収支の長期変動の解析のつづき

2008年度後期セミナー日程表

日付発表者タイトル
10/2小玉水惑星条件における傾圧不安定波動に対する太陽放射の季節性の影響 〜成層圏・対流圏の力学的相互作用の観点から〜 
池上(論文紹介)Gap winds and wakes: SAR Observations and Numerical Simulations 
10/9山崎東シベリアタイガ林の水・エネルギー収支の長期推定 ―特に最近の土壌水分・温度に関して― 
小柴春季日本付近で急激に発達する温帯低気圧 〜統計的な解析〜 
10/16 安藤(4年生 第1回雑誌会リハ) (論文発表) Estimation of storage heat flux in an urban area using ASTER data  
一川(4年生 第1回雑誌会リハ) (論文発表) A polar low over the Japan Sea on 21 January 1997. Part: A numerical study  
角田(4年生 第1回雑誌会リハ) Isentropic Potential Vorticity mapを用いた気象擾乱の事例解析:その1.擾乱の構造 
10/23吉田Ust-Maya (Elgeeii地区)における森林調査 〜基礎データの解析〜   
(論文紹介) An Efficient Dual-Resolution Approach for Ensemble Data Assmilation and Tests with Simulated Doppler Radar Data. 
長谷川北半球冬における定常波動と非定常波動のエネルギー相関 
10/30Sha海風重力流の3次元微細構造(Rolls, Lobe/Cleft)に関する数値シミュレーション(1)
清水詳細な土地利用データを用いた甲府盆地の気候の再現実験 
11/6小玉(予備審査リハ)Influence of the SST Rise on Baroclinic Instability Wave Activity under an Aqua Planet Condition 
ChenMesoscale Convective Systems (MCSs) over Southeast China and some sensitive experiments 
11/13池上(気象学会リハ)SAR観測データとNHMを用いた北海道南西部における地峡風の研究 
田村(気象学会リハ)局地気象予報システムDS3による海風中の水平ロール対流再現 
12/4江守(招待講演) Dynamic and Thermodynamic Changes in Mean and Extreme Precipitation under Changed Climate 
沢田雲物理過程が台風の発達・構造に及ぼす影響 
12/11岩崎MIMから見た傾圧不安定 [Baroclinic Instability viewed from mass-weighted isentropic zonal means (MIM)] 
StevieA Local Ensemble Prediction System (LEPS) for fog and low clouds at Paris Charles de Gaulle international airport. 
田村修士論文の構成とNHMを用いた海風研究の進捗状況 
12/18清水数値モデルを用いた甲府盆地の局地循環への地表面状態の影響に関する研究 
長谷川(論文紹介)Symbiotic Relation between Planetary and Synoptic-Scale Waves 
1/8安藤(4年生 第2回雑誌会リハ)屋上緑化が室内環境に及ぼす影響に関する研究  
一川(4年生 第2回雑誌会リハ)2003年6月23日に発生した三陸沖のやませ雲に関する数値実験 
角田(4年生 第2回雑誌会リハ)Isentropic Potential Vorticity map を用いた気象擾乱の事例解析:その2. 擾乱の形成 
1/15ChenDiurnal monsoon variability over southeastern China and some simulations (continue part) 
小柴(論文紹介)Synoptic-Dynamic Climatology of the "Bomb" 
1/22吉田宮城県白石市における放射量連続観測 
LETKFを用いた仙台空港周辺における短期間予報の改善 
1/27小玉(本審査リハ)Aqua Planet Experiment on Influence of the Sea Surface Temperature Riseon Baroclinic Instability Wave Activity and Its Implications for Global Warming (海水面温度上昇が傾圧不安定波動活動に与える影響に関する水惑星実験とその地球温暖化に対する示唆)
1/29池上(修論リハ) 寿都だしの発生機構に関する数値的研究 
清水(修論リハ)数値モデルを用いた甲府盆地の局地循環への地表面状態の影響に関する研究
田村(修論リハ)局地気象予測システムによる仙台空港周辺の海風に関する数値的研究 

Last-modified: 2009-01-27 (Tue) 17:52:46 (3158d)